薬による歯周病治療とは

知らない間に進行して、やがては歯を失ってしまうこともある歯周病、成人の約8割は歯周病にかかっているか、その恐れがあると言われています。
そんな恐ろしい歯周病の治療ですが、基本的には歯磨きその他でプラークを除去するプラーク・コントロールが主になります。



それで治らない場合には外科的処置へ進む、というのが従来の方法だったのですが、実は薬による歯周病治療が登場して来たのです。
歯周病はプラークの中の細菌によって引き起こされます。
その細菌を薬で抑えることで歯周病の改善を図ろうと言うのが、この薬による歯周病治療です。

お手軽にGirls Channel関連の情報をたくさん掲載しています。

歯周病治療に有効な薬ということで、今注目を集めているのが、アジスロマイシンという成分を含んだジスロマックという抗生物質です。

この薬は歯ブラシでは落とせない増殖したプラーク中の細菌にも威力を発揮します。


しかも、血管を通って運ばれた有効成分は、患部に溜まって他の組織にはあまり影響を与えないので、副作用も少ないと言われています。

重症の歯周病にも効果があり、厄介な歯周病の救世主的存在であると言えるのではないでしょうか。


ただし、誤解しないでいただきたいのは、ジスロマックさえ飲んでいれば、それで歯周病治療は全て大丈夫、というわけでは決してない、ということです。

ジスロマックでいったん細菌を除去しても、プラーク・コントロールを行わなかったら、また歯周病の元となる細菌が増えてきてしまいます。

さらに恐ろしいのは、繰り返し抗生物質を使用していると、薬に対して耐性のある菌が生まれてしまう、ということです。

ですから、ジスロマックで細菌を退治した後には、やはり基本のプラーク・コントロールをきちんと行う必要があるのです。

あなたにオススメの歯周病治療について興味がある方にオススメのサイトです。

何はともあれ、歯周病に効果のある薬が現れた、というのは心強い限りです。

もしも歯周病が進んでしまったとしても、あきらめずにしっかりと治療していきましょう。