たくさんある歯周病治療

歯周病は、歯についた汚れに菌が住み着いて毒素を出すことで歯茎が腫れ、歯を支える骨が溶かされてしまう病気です。

痛みがないままに進行していくので、自分では気づきにくく、気づいたときには歯がグラグラになって抜けてしまうこともあります。

歯周病治療は、歯についた汚れをきれいにすることを目的として行われます。

汚れにも大きく分けると二種類あり、歯磨きできれいにできるプラークというやわらかい汚れと、歯磨きでは落とせない歯石という固い汚れがあります。歯石の除去は歯科医院でしか行えません。

歯周病治療の相談ならココです。

専用の器具を使って、歯に固く付いている歯石を落としていきます。



最初は見える範囲の歯石を除去し、歯茎の中にも歯石が入り込んでいる場合は麻酔をして歯茎の中まできれいにします。

Infoseek ニュースについて説明致します。

自宅での歯磨きも立派な歯周病治療です。

歯科医院で自分に合った歯の磨き方の指導を受け、自宅でプラークをきれいにします。
プラークが付着しなければ、歯石ができることもありません。

歯石を取る治療が一段落すると、歯茎の腫れがおさまったかどうかを確認します。

まだ状態が悪いようであれば、悪くなった歯茎を取り除いたり、骨を増やすような外科的な歯周病治療を行っていきます。

歯周病治療は始めればすぐに治るというものではなく、長期的なスパンが必要になる治療です。

治療が終わってからも定期検診を繰り返して、お口の状態をきれいに保つ必要があり、場合によっては噛み合わせの治療なども必要になります。