歯周病治療の基本と最新治療

歯周病は成人の約80%がかかっていると言われ、歯を失う原因として最も多いものです。

歯周病とは、プラーク(細菌の塊のこと)により歯を支えている周りの骨が溶けてしまい、歯がぐらついたり、歯茎が腫れたりして、最終的には歯が抜けてしまう病気です。


歯周病治療の基本は、自分でプラークをとること、歯科で取りきれないプラークを取ってもらうこと、メンテナンスをすることです。


歯周病治療の90%はプラークコントロールと言われています。

歯周病治療の情報が必要な方必見です。

プラークコントロールとは、歯ブラシやデンタルフロスを使用してプラークを付けないようにすることです。
歯ブラシで不十分な歯と歯の間や、歯と歯茎の間はデンタルフロスを使用しましょう。
プラークコントロールができると、歯茎の腫れや口臭が治まり、歯茎がしまってきます。
すると、歯周ポケットが減り、プラークがつきにくくなります。

歯科では、歯についた歯石をスケーリングというもので取り除いてもらえます。

また、歯茎の中の歯石はディープスケーリングというもので除去します。

歯周ポケットの歯石が除去されて、プラークも取り除かれます。


重度の場合は、歯茎を切開して歯石が見える状態にして取り除きます。

また、歯周ポケットを浅くする手術も同時に行われます。

歯周病により溶けてしまった骨を再生することもあります。

毎日のプラークコントロールと定期的に歯科に通いメンテナンスすることで歯周病治療ができます。

Girls Channelに関してお困りですか。

最近では、抗生物質や薬剤を浸透させて菌を殺す方法もあります。薬剤を浸透させる場合は、マウスピースを作って薬剤を歯周ポケットの隅々まで浸透させるもので、長時間の効果が期待できます。



歯周病治療をして健康な歯茎と歯を保ちましょう。