歯周病治療は内科的疾患の予防にもなる

歯周病は細菌感染によって歯の周りの組織が炎症を起こし破壊される病気で素。

進行すると歯を支える歯槽骨が溶けるため、歯がグラグラになり、抜かざるを得なくなり、歯を失う原因の第1位が歯周病です。そして、歯周病は歯だけの問題ではなく、体全体に影響を及ぼし、時には命さえ脅かすこともあります。

歯周病菌が誤嚥(誤って唾液や食べ物が食道ではなく気管から肺に入ってしまうこと)によって起こる誤嚥性肺炎を起こすことがあり、高齢者が誤嚥性肺炎を起こすと命を落とすリスクが高くなります。
誤嚥性肺炎を予防するには、きちんと歯周病治療を行うことが大切です。

また、歯茎が腫れて出血しやすくなり、その傷に歯周病菌が入り込み、血管まで侵入すると動脈硬化の原因にもなります。


歯周病が動脈硬化を引き起こし、動脈硬化から心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことにも繋がります。



それ以外にも、歯周病菌は血糖値を下げるインスリンの働きを低下させる作用がありますので、糖尿病を悪化させてしまうのです。

そのうえ、糖尿病の人は細菌に対する抵抗力が落ちやすいため、歯周病菌にも感染しやすくしやすくなりますし、悪化しやすくなるという、悪循環に陥ってしまします。

歯周病治療をしっかりと行うことで、この悪循環を断ち切ることができます。
妊婦さんも要注意です。
歯周病は早産や低体重児出産のリスクが高まるという報告もあります。

BIGLOBEニュースにはこちらのサイトが最適です。

妊活の1つとして、歯周病治療をきちんと行っておくことも大切です。

歯周病治療情報を、皆様へ配信するサイトです。

歯周病の予防には、日々の歯磨きをしっかりと行い、定期的に歯科検診を受けてチェックしてもらったりブラッシング指導を受けたり、歯石を取ってもらうなどのケアを行いましょう。